水虫とは白癬菌というカビが皮膚の表面に寄生して異常が起こる病気の事をいいます。そして何よりその感染力をみくびってはいけません。自分が水虫にかかっていない場合でも、銭湯やプールなどで感染する場合もあるので気を付けましょう。

涙を流す笑顔の女性

水虫の薬を塗る効果的な季節はいつ?

足の裏の皮や指の間の皮がふやけてめくれてきたり、手に水泡ができて痒いという人は水虫の疑いを持った方が良いでしょう。
水虫はカビ菌のひとつである白癬菌が皮膚に侵入したことによって、これらの症状が発症するのですが、皮膚の表面だけではなく角質の奥まで根を張っているので一度水虫になってしまうとなかなか完治させることが困難になってきます。
水虫は季節問わず一年中感染しますが、季節によっては感染してもすぐに症状が現れるわけではありません。
白癬菌は高温多湿の環境を最も好んでいるので、冬は活動を休止して春から夏にかけてのジメジメした季節に活発に活動を始めるのです。
水虫は皮膚科に受診することで治すことができますが、現在では薬局などでもこれらの治療薬を手に入れることができるので自宅で治すことも可能です。
白癬菌を死滅させるために最も効果の高い季節は、やはり活動を開始する春が良いでしょう。
人によって春などの季節は全く自覚症状がないという場合もあるのですが、この時期こそ白癬菌の退治が重要になるのです。
夏になると繁殖力が盛んになり、水虫の範囲もどんどん広がっていく可能性があるので手遅れにならないためにも早い段階で処置することが大切です。
治療薬を継続して塗っているとある程度症状が治まってきますが、ここで治療薬を塗ることをやめてしまうと再発に繋がります。
水虫の酷い症状に悩んでいた人も冬になれば症状が治まるので、完治したと安心してしまいますが、これは活動を休止しているだけに過ぎないので夏になればまた水虫の症状に悩まされることになるのです。
自覚症状がなくなっても白癬菌は角質の深層部に潜んでいるので、根気よく塗り続けることが大切です。

TOPへ戻る