水虫とは白癬菌というカビが皮膚の表面に寄生して異常が起こる病気の事をいいます。そして何よりその感染力をみくびってはいけません。自分が水虫にかかっていない場合でも、銭湯やプールなどで感染する場合もあるので気を付けましょう。

涙を流す笑顔の女性

水虫の発症経路と病院での治療について

世の中の男性に特に多く発症してしまう病気としては水虫があります。特に男性の場合は通気性の悪い革靴を履いて毎日仕事に出かけることで、靴の中は汗や脂などで充満しており一日中靴をはきっぱなしというような状況にもなっているため、より多くの人が水虫が発症しやすい環境で仕事をすることになります。さらに、水虫は感染することがあるため、同じ職場においては菌を持った人の靴やスリッパをはいてしまった場合にはそこを発症経路にしてどんどんと感染していくなど悪循環となります。足の裏がかゆくなり水虫だと思ったらすぐに病院で診てもらうようにすることがとても大切です。特に、水虫に関しては有効なお薬が出ていますのではやめの処置をすることでより治るのがはやくなることがあります。現在ではより多くの人が感染していると言われていますが、特に気を付けなければならないのが公衆浴場などで使用されているスリッパに関しては誰がはいていたものかわからないうえに靴下も履いていないので無防備な状態になります。そのため、自分自身を守るという意味でもきっちりと靴下をはいた上でスリッパをはいたりさらには、自分専用のスリッパを持参するなど特に気を付けておく必要があります。さらに、公民館などで集会がある際も同様でスリッパに関しては洗っていない可能性が高くなってきますので、より多くの人がしっかりとスリッパをはく際には気を付けてはかなければなりません。特に高齢者の方は水虫に対しては病院で診てもらっていない人も多くなってきますので、あまり無理しないようにすぐにお医者さんに診てもらうように気を付けなけばならない点と、治りが悪くなっている可能性がありますので、水虫になったと感じたら早めに治療をすることが大切になってきます。

TOPへ戻る