水虫とは白癬菌というカビが皮膚の表面に寄生して異常が起こる病気の事をいいます。そして何よりその感染力をみくびってはいけません。自分が水虫にかかっていない場合でも、銭湯やプールなどで感染する場合もあるので気を付けましょう。

涙を流す笑顔の女性

水虫、うつる、清潔について

水虫というのは、目には見えない白癬菌というカビの一種が原因で発症します。ですが白癬菌が体に付着したからといって、すぐに発症することは少ないでしょう。何度も繰り返し白癬菌が付着したり、白癬菌が繁殖しやすい状況になると徐々に症状が出てきます。例えば家族の中ですでに水虫に感染している人が居る場合、同じマットやスリッパなどを使うことでうつる可能性が上がっていくということです。白癬菌は湿気の多い場所や温度の高い場所を非常に好むため、特に梅雨の時期や夏場が危険と言えるでしょう。夏場は薄着で過ごしていても汗をかきやすいので、注意する必要があります。水虫は誰でもなる可能性がある病気なので、感染してしまう前に十分気をつけなくてはいけません。水虫を防ぐ上でもっとも重要なことは清潔感です。日頃から清潔さに欠けていると、菌は知らず知らずのうちに繁殖をしてしまうこともあります。日常的に行える予防法としては、まずお風呂上がりは乾いたタオルでしっかりと水気を拭き取ることです。足の指まで水滴を残さずに拭くことで、清潔感は保たれます。次に体や手を洗うときは、隅々までぬかりなく洗うということです。そして家族で住んでいる人は、足を拭くマットや爪切りは出来る限り別々で使用することも大切です。靴は毎回同じものを履くよりかは、こまめにローテーションすることで湿気を防げるでしょう。履いていないときは通気性の良い場所でしっかりと乾燥させて下さい。この他にもサンダルなどを利用して足を出来るだけ蒸らさないようにすることも、効果的でこのようにちょっとしたことで水虫はうつらないようにすることは可能なので、清潔感を心がけて生活すると良いでしょう。

TOPへ戻る