水虫とは白癬菌というカビが皮膚の表面に寄生して異常が起こる病気の事をいいます。そして何よりその感染力をみくびってはいけません。自分が水虫にかかっていない場合でも、銭湯やプールなどで感染する場合もあるので気を付けましょう。

涙を流す笑顔の女性

公衆浴場で水虫に感染したら評判の良い薬で治そう

もしも、足の裏に小さなぶつぶつが出来てかゆみがあったり、足の指の間の皮が白くなりふやけてぶよぶよになったりという症状があるなら、水虫にかかっている可能性があります。
水虫は白癬菌というカビの仲間が、皮膚の角質層に感染することで発症する皮膚の病気です。
水虫になる原因は、すでにこの病気になっている人の皮膚からはがれ落ちた角質に潜んでいた白癬菌を素足で踏んだりすることによって感染するというものが大部分です。
水虫はすでにそれにかかっている家族からうつることが多いですが、公衆浴場などの不特定多数の人が素足で利用する場所へ行くことがある人は、そのような場所での感染にも気をつける必要があります。
水虫の患者数は日本では増加傾向にあると言われており、公衆浴場などの多くの人が利用する場所では、他人の皮膚から落ちた白癬菌に感染する危険性は常にあると言わざるを得ないでしょう。
そのため、公衆浴場に行く機会がある人は、家に帰って来てから足をもう一度洗うなどして、白癬菌の感染を防ぐようにするのがおすすめです。
また、白癬菌は皮膚の傷から入り込みやすいので、足の裏に傷をつけないように気をつけたり、靴の中が白癬菌が好む高温多湿な環境にならないように、何足かの靴を用意していつも乾燥させた清潔な靴や靴下を履くなどの工夫で菌の繁殖を予防すると、水虫になる確率を下げることが出来ます。
しかし、どんなに気をつけていても水虫になってしまった場合は、評判の良い市販の水虫薬を使ったり、皮膚科を早めに受診して適切な薬をもらうことで、早期に治療を始めると効果的です。
この皮膚病を治すための評判の良い市販薬には、医療用で使われている薬と同じ成分を使ったものなどがあります。
その成分には、テルビナフィン塩酸塩やラノコナゾールなどがありますので、市販の薬で治したいならドラッグストアで薬剤師に相談するなどして自分に合う薬を選ぶと良いでしょう。

TOPへ戻る